スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‎町田ゼルビアを支える会 市議会請願 報告会議事録

‎町田ゼルビアを支える会 市議会請願 報告会
日時:3月27日(日)11:00~12:30
場所:町田市民文学館ことばらんど 大会議室
出席者:35名

◆会構成
①町田ゼルビア 守屋代表 あいさつ
②事務局より市議会報告
③会計報告
④震災支援の協力依頼
⑤今後の組織活動の検討

◆メモ
(メモ中における各方面からの意見、コメント等は、その趣旨、意図において支える会が一部推測する点が含まれており、事実と異なる可能性があります)

①町田ゼルビア 守屋代表
請願は採択されなかったが、5万超の署名は各議員に届いたと思う。その証として予算案が通った。
これまで自ら市民クラブと標榜してきたが、今回は本当に支えていただき、市民クラブであることの実感があった。感謝いたします。
これを契機に今後とも「繋がり」、「連帯」の場所として、支える会がゼルビアを応援する組織として継続することを期待。ゼルビアを支えつつも、意見を言える団体としての役割を期待したい。

震災後の練習再開は28日の予定。
4月10日(日)には、Jクラブを招き、チャリティーマッチを開催する予定。当日は加えてペスカドーラ町田と共同で、ふれあいサッカーも企画している。

②市議会報告(支える会事務局より)
お蔭さまで五万筆を集めることができたことを改めて御礼。
3月7日に請願を提出。メディアにも多数紹介して頂いた。
請願は、スタジアムの改修ではなく、包括的な支援を依頼したため、文教社会委員会での採択を想定していた。しかし、スタジアム改修議案が一般会計予算であがっているため、請願とセットで話し合われることになり、建設常任委員会で話し合われることになった。

◆結果:継続審査
スタジアム改修予算議案と関わりが深過ぎるため、予算案審議を優先することになり、請願は継続審査に。
しかし2年前とは違い、先延ばしではない。(このあたりは政治的な駆け引きがあったらしく)改修予算案が仮にダメになりそうなとき、「五万筆の力」が活用するための施策であったのだと推測。請願は6月の定例会で可決される見込みが大。4月に臨時で話しあわれる可能性もある。

◆スタジアム改修
スタジアム改修予算案は、建設委員会で設計費が採択された(付帯決議つき)。
3月29日の市議会で可決され、正式に改修に向かう見通し。工期は2012年4月からを予定。
◇付帯決議:「Jリーグと十分協議して、承認が得られるとの書面を頂きたい。」

◆議員からの主な質問に対する行政側の回答
(1)財源はあるのか
市の予算に加え、J2に昇格できれば、トトの助成金も見込める。
(2)町田市が一企業に投資することの是非をどう考えるか
町田ゼルビアへの投資ではなく、スタジアムを中心に、交通網も含めた町田市への投資である。
(3)市民の意見をきいているのか、
(署名が引き合いに)反映されているものと理解している。さらに、今後、行政によるアンケートが実施される見込み。
(4)競技場の基本計画の案がとれて、正式に基本計画となるのはいつか?また、それを議会で示すのか?
 3月22日に正式に上がってくる。29日の本会議までには間に合わないが、4月上旬に全員協議会などで示します。

◆報告会における質疑応答
Q:今後における議会の進捗の確認方法は?
A:行政からは常に連絡ある。いきなり「結果がこうなりました」ということにはならない。

③会計報告
収入:149,522円
支出:116,135円
残金:33,387円

【費用内訳】
通信費(切手代)31,900
道路使用許可 23,100
チラシ・印刷代 19,976
文具 16,447
備品 14,112
会議室等 10,600
これら実費のほか、朝日新聞によるチラシ印刷のご提供、水岡さんによる事務所提供があった。

④震災支援の協力依頼
◆支援に関わる環境
◇行政:
支援物資の運搬、受付は、都庁は本日締め切り予定。JCは31日が締切予定。
町田市は来週からやり始める。
◇クラブ側:
4月10日にチャリティーマッチ開催予定。支援物資受付もある模様。
募金活動も野津田(町田市陸上競技場)で一緒にやる見込み。
◇当面の活動方針
街頭での募金活動は、主催がJCになるため、実施は難しい。
4月10日、野津田で支援活動を実施する。詳細はメールにて後日、告知。

◆提案:サポ独自で募金活動をやりたいが、どうか?
◇結論:「継続審議」
募金する人が安心して募金できる体制をつくる必要。

⑤今後の組織活動の検討
守屋代表のお話を実現すべく継続したい。
会として独立性が保たれた組織にしたい。
組織を通して実施する企画が数件。
・会でチケットを購入し、学校等、しかるべき団体に提供する。
・会としての収入を得るための提案がいくつかあり
スポンサーサイト
町田ゼルビアを支える会ツイート
ブログ内の検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。