スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC長野パルセイロサポーターの皆様との交流

6月19日町田市陸上競技場で、当会が署名活動で使用していました署名用紙回収箱をAC長野パルセイロサポーターグループの皆さまへ贈らせていただきました。
長野でもスタジアム整備の署名をされていて、震災で中断していたものを近く再開されるようです。
町田サポーターの熱い気持ちを引き継いでいただければ幸いです。

署名箱1


パルセイロサポーターの皆さまは、応援は熱く、マナーは守るとても素晴らしい方たちでした。
スタンド内にゴミは残さず、ベンチまで拭いてから帰られる姿に感激を致しました。

長野の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

ゼルビアも昇格までは越えなければならない壁がいくつもあります。
我々ゼルビアサポーターも気を引き締めて参りましょう。

署名箱2
写真提供:FC町田ゼルビア


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

みなさんの本音は・・

チーム、サポ、フロント全ての面で昨年の方がみんな本気だったし、正直盛り上がっていた・・・。
昇格とかって勢いというか、やはりタイミングというものがあると思うのです。何かすでに機を逸した感に包まれているのは私だけでしょうか?シャトルバス廃止後の動員対策もほぼ皆無のようですし・・・。
今、うまくいっていないことには、必ず原因があります。
昇格する気なら一流監督やFWがチームにいるうちに上がっておかねば本当の手遅れになりかねない気がします。来年はどうなってるか誰にもわかりませんし。
詳しいチーム事情や方針等は知りませんが、「今年が勝負の年」でないのなら、確かに“昇格だけが全てではない?!”ので、まぁ別にいいですが・・・
町田ゼルビアを支える会ツイート
ブログ内の検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。