スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポーター決起集会を開催しました

2011年10月10日、
FC町田ゼルビアのサポーター決起集会を開催しました。


多くのサポーターの方々より、残りのリーグ戦に向けての熱い気持ち、そして麻溝動員計画に関しての多種多様なアイデアをいただき、とても有意義な会になったかと思います。
お忙しい中、ご参加された皆さま誠にありがとうございます。

またご都合が悪く参加できなかった皆さまには、下記に決起集会の内容、参加された方々から挙げて頂いたアイデアを記載しましたので、是非ともご一読ください。



『FC町田ゼルビアサポーター決起集会プログラム』
日時:10月10日(月/祝) 18時30分~20時30分
場所:町田市民文学館ことばらんど 大会議室

1.町田ゼルビアを支える会挨拶
2.集会主旨説明(別紙1に詳細)
3.サポータースピーチ - 石田ショーキチ氏(ミュージシャン)
4.麻溝動員計画について支える会からの提案(別紙2に詳細)
5.麻溝動員計画についてのご提案(下記に記載)
6.プロジェクトチームへの参加者の募集
7.サポータースピーチ - 大城尊氏(CURVA MACHIDA代表)
8.サポーターディスカッション
9.サポータースピーチ(閉会の挨拶) - 水岡孝二氏(二代目ラーメン酒場)


5.麻溝動員計画についてのご提案

■告知方法の提案・意見
・マンション内でポスター掲示やチラシの配布を実施。
⇒最近、町田市の北部は人口が増えており、マンションも多く建ってきている。
⇒子供たちも多くいるので効果的かと思う。
⇒管理組合にお願いしてみてはどうか?

・回覧板を活用して町内会へ告知。

・大学の学園祭で告知。
⇒サッカー部やサッカーサークルをターゲットとして実施すると効果的ではないか。

・クラブにチケットの配布方法のアイデアを提示して、クラブより招待券を頂く。

・支える会で移動手段、又はチケットを提供する。

・支える会でカンパを集めてチケットを購入・提供するのではなく、チケットを購入して来ていただくお客様をどう増やすかを考えた方が今後に繋がると思う。

・麻溝公園でアピール。
⇒麻溝公園で遊んでいる方々は競技場に来場しやすい為。

・相模大野駅、古淵駅など麻溝公園競技場近辺の駅でチラシ配布。

・SC相模原との情報交換。


■アクセス関連の提案
(※相模原麻溝公園競技場もアクセスが悪いため、対策は必須)
・乗り合いで競技場へ向かう。
⇒事故など心配事はあるが、試みとして麻溝公園競技場での試合で実施してみるのは良いと思う。

・公共交通機関での行き方を分かりやすくまとめてHPに掲載。

・最寄りバス停から競技場までに案内を設置。また当日は案内人が立つ。

・直通バスを運行。

・競技場の隣にある公園スポーツ広場を抑えると駐車場も確保できる。

・レンタルサイクル店との協力。
⇒最寄り駅にあるレンタルサイクル店と協力して自転車で競技場まで来ていただく。
(※現在、G大阪や湘南ベルマーレなどでは実施している)
⇒ユニホームの着用、お店の宣伝を掲示して会場まで来ることで、ゼルビアと協力店の宣伝効果にもなる。
⇒町田のスポーツジムなどと協力することで、新規サポーターの開拓にもなるのではないか?
⇒ただ天気に影響はされてしまう。

・配布するチラシにアクセス方法を記載する。

・相模大野駅から北里大学までのシャトルバスが運行しているが、活用できないか。


■その他の提案
・開催日、対戦相手などが簡単に編集できるチラシ(のPCデータ)があると自分で印刷して近所の方への告知に助かる。

・相手チームを歓迎する横断幕を出せないか。



【アイデアの募集】
麻溝動員計画に関してのアイデアは、まだまだ募集しております。
どのようなご意見でも構いません。
是非ともこちらまでメールを送付ください。
また上記に挙がっているアイデアで、関係各位の方と繋がりのある方や、連絡ツールをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ともお力を貸してください。

【プロジェクトチームへの参加者募集】
麻溝動員計画の活動に参加してくださる方を募集しています。
また活動状況を知りたいという方も登録していただければ随時メールを送付させていただきます。
こちらまで、お名前とメーリングリストへ登録するメールアドレスを記載のうえ、メールを送付ください。



コメント

非公開コメント

まだ案の段階でしょうからよくわかりませんが、これは麻溝に限定された計画なのですか?記載された案の中に相模原地域でのプロモーション活動とありますが、それは同じJリーグを目指すSC相模原に失礼ではないでしょうか?少し厳しいことを述べさせていただきますが、これまでFC東京やヴェルディやマリノスがなぜサッカーの街である町田地域で過去積極的にプロモーション活動を行わなかったのかを考えれば、相模原地域でのプロモーション活動などというアイデアは出てこないと思います。来季は野津田を使えないから野津田以外での動員力を証明するというのは大切だと理解はできるのですが、毎試合野津田で戦う選手のためにも麻溝だけでなく毎試合野津田を満員にすべく施策を練る方が大切だと思います。町田以外のスタジアムでの動員のために、同じJリーグを目指すクラブが存在する地域でプロモーション活動を行うことは町田の人間だけで埋められないという弱みを露呈するだけでなく、野津田スタジアムに失礼ではないでしょうか?単発で町田市外のスタジアムを埋めて単発にJリーグにアピールするよりも、残りのホームゲーム全てでまだゼルビアを知らない町田市民に対してアピールを行い、町田市外のスタジアムに足を運んでくれるようなサポーターのパイを広げることの方がゼルビアのためになると思います。本当にゼルビアを支える施策ですか?町田市民ではなくJリーグに対してのパフォーマンスにしか思えないのですが。

Re: タイトルなし

投稿者様
貴重なご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
当会の計画について、苦言・提案について真摯に受け止めさせていただきました。
そしてそれについての当会の見解を述べさせていただきたいと思います。

まず当会と致しましては

・現在の計画は案であり、すべての件について精査してから行うものである。
・相模原市内での活動は当然関係各所への配慮や事前確認は必要で、第三者に迷惑や非礼になるようであれば強行をするつもりはない。

という認識でおります。

これはブログ掲載の段階で、断りを入れておくべきで、当方の配慮が足りませんでした。


また、下記のご意見については…
 
 >麻溝だけでなく毎試合野津田を満員にすべく施策を練る方が大切だと思います。
 >単発で町田市外のスタジアムを埋めて…

支援の仕方は色々あるかと思います。投稿者様が書かれていることも大事なことだと理解をしております。

ただ、今回の動員計画については9月30日の本審査提出の報を受けた多くのサポーターの「行政やクラブだけでなく、我々もチームのために何かを…」という気持ちを形にしたものです。

そして来年の野津田競技場改修で市外スタジアム使用という試練についての我々なりに考えたチームに対する支援で、意義のあることだと自負もしております。

当会の活動の一つに「町田ゼルビアを共に支援する人を増やすための広報活動」というのがありまして、今までも草の根的に行って参りましたし、そしてこれからも継続していく所存です。

FC町田ゼルビアを応援する心は皆一緒だと思っております。
もしよろしければ、具体案や方法論をお持ちでありましたら、当会アドレスへメールにてお送りいただければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

町田ゼルビアを支える会ツイート
ブログ内の検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。